在宅診療について

訪問診療とは

訪問診療とは、在宅での療養生活を支援するため、通院が困難な患者さんのご自宅に医師・看護師等が定期的に訪問・診療するものです。

「退院しても自宅で治療を続ける必要がある方」、「病院に通院する手段がない方」、「自宅で最期を迎えたい方」など、通院困難なご高齢の方・慢性疾患を有する方が対象です。年齢や病気に制限はありません。
診察の結果、もし入院が必要となれば当院への入院、もしくは専門医療機関への紹介など、患者さんがスムーズに治療が受けられるよう手配致します。

新栄会病院は「機能強化型」在宅療養支援病院です

在宅療養支援病院の中でも、一定の基準を満たした病院は「機能強化型」在宅療養支援病院として認められます。

新栄会病院には訪問診療を提供できる常勤医師が複数名おり、訪問看護師と連携しつつ、24時間365日連絡がとれる体制を作っています。
また患者さんの求めに応じて臨時で往診したり、さらにはご自宅での看取りにも対応しています。
このような実績が認められ、当院は「機能強化型」在宅療養支援病院として認められています。

在宅診療について

訪問地域

小倉北区、小倉南区、八幡東区の一部

ご利用料金

月2回の場合(月額)で24時間対応なし(一割負担の方)
訪問診療料 830円x2回=1,660円
在宅時医学総合管理料3 2,200円
居宅療養管理指導料 290円
合計 4,150円

その他、月1回の訪問診療もご相談承ります。
上記以外に、検査代等が発生する場合がございます。また、お薬代は別途必要です。

訪問診療のご希望は

主治医または外来看護師、医療連携室(ソーシャルワーカー)にご相談ください。
内容と費用についてご説明いたします。