薬剤課

薬剤課

患者さんにとって、適切で安全な薬物療法を提供することを目指しています。
そのために、医師の処方箋に基づき正確な調剤を行うだけでなく、薬の相互作用・重複投与・副作用の早期発見が出来るように、病棟での情報収集も行っています。
退院・転院時には患者さんが切れ目ない医療を受けられるよう、患者さんやご家族・関連医療機関へ入院時に使用した医薬品の情報を提供しています。

調剤業務

入院中の患者さんのお薬は、すべて一回服用分ずつ分包してお渡ししています。
また、スムーズに飲み込めない患者様のお薬は、飲み込みやすい形態にして提供しています。

持参薬の確認

患者さんが入院時に持参された前医のお薬の内容を調べて、医師・看護師に情報提供しています。この後に医師と協議し、当院のお薬へスムーズに移行できています。

各種委員会への参加

院内感染防止委員会・医療安全委員会をはじめとする様々な委員会活動は、医師をはじめとする多職種で構成されています。これらに積極的に参加し、より良い安全な医療を提供出来るよう心がけています。
また、医療スタッフへ薬の安全な使用法に関する研修会も行います。

医薬品情報

医薬品に関する新しい情報を収集・整理し、医師をはじめとする医療スタッフへ提供しています。