新栄たてまち保育園 社会福祉法人 小倉新栄会

保育方針・取り組み

保育方針

健やかな心と体を育む保育を実現します。

■保育理念
 わたしたちは、児童福祉法に基づき、「保育に欠ける」乳幼児の健全な育成を行います。保育にあたっては、子どもの人権や主体性を尊重し、子どもの最善の利益のために保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に推進すると共に、地域社会における家庭援助を行います。

■基本方針
・十分養護の行き届いた安心して心身を預託できる環境の中で、一人ひとりの個性を大切にしながら、調和のとれた心と体をつくる。
・人・自然・物との関わる様々な実体験を通して、生きる力を育む。

■保育目標
・心身共にしなやかで健康な子どもを育てる。
・自ら判断し、行動できる子どもを育てる。
・情緒豊かで思いやりのある子どもを育てる。

■保育計画
 子どもの最善の利益を尊重しながら、養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成するという理念に加え、子どもの発達年齢に応じた適切な保育を実践できること、保護者と互いに協力し合って保育にあたることなどを考慮した保育計画を作成します。

取り組み

地域の子育て支援拠点となるべく活動します。

■地域交流の取り組み
 子どもは地域の宝です。地域における子育て支援の役割を果たすと同時に地域で子どもを育てる環境づくりに寄与するため近隣の幼稚園・小学校・中学校・市民センター等との連携を図りながら、地域の子育て支援を行います。また、年長者等との交流を図ります。

具体的な取り組み

■小学校、幼稚園との連携
小学校による保育士体験学習、ボランティアの受け入れ。

■育児支援
ふれあい育児ルームの実施。育児相談や講座の実施。

■その他
地域の方の保育士体験の受け入れ。
保育実習生、看護実習生の受け入れ。

このページのトップへ