新栄会病院 内科 消化器科 整形外科 眼科 皮膚科 放射線科 リハビリテーション科

病院長あいさつ

 新栄会病院は「信頼・安心・貢献」を理念に掲げ、地域に密着し、近隣の病院・診療所との連携を大切にし、患者様・ご家族の皆様に満足いただけるよう努めております。
 新栄会病院では平成10年10月より全ての病床を完全型の長期療養病床として運営しておりましたが、介護保険の施行に伴い、三つの病棟のうち、3階・4階の二つを医療型、5階の一つを介護型の病棟として運営しております。
 「やさしさ」「心の安らぎ」「気品」「心のふれあい」を基調に色彩設計された新栄会病院は完全療養型病院にふさわしく、病室の広さ、廊下幅、リハビリテーション設備、食堂・談話室など明るく清潔で患者様やご家族の皆様に好評をいただいております。
 こうした環境のもと職員一致団結し、平成15年4月には日本医療機能評価機構の認定を受けることができました。そして平成20年4月・平成25年4月には、再認定を受けることができました。
 また、退院後の患者様の在宅療養を支援する目的で、平成20年2月より外来に在宅療養部門を設置し、平成22年8月に在宅支援病院、平成24年7月には機能強化型在宅支援病院の認可を受けております。
 更に法人事業として、医療・介護の連携を強化する目的で、病院の隣接地に「特別養護老人ホーム新栄きよみずの杜」、「しんえいデイサービス」、「しんえい居宅介護支援事業所」が、また片野地区には「ケアハウス小倉」、「ケアハウス小倉デイサービス」が開設されています。
 慢性期入院治療が必要な方は「新栄会病院」を、施設入所を希望される方は「新栄きよみずの杜」、「ケアハウス小倉」を、また在宅療養を希望される方は「新栄会病院外来・在宅診療部門」、「しんえいデイサービス」、「ケアハウス小倉デイサービス」をご利用の上、医療・介護の充実をはかっていただきたいと願っております。